世界の子どもたちに栄養と希望を 1人でも多くの子どもが学校に通い、給食を食べられるように。あなたの力を貸してください。

同じ空の下、お腹を空かせ
学校に通えない子どもたちがいます。

私たちのあたりまえの日常と、貧困に苦しむ子どもたちの日常。
ちょっと立ち止まって考えてみませんか?

知っていますか?
世界の子どもたちの現状と国連WFPの「学校給食プログラム」

慢性的栄養失調の子どもは4人に1人

学校に通えない子どもたちは5,800万人

空腹のまま学校に通う子どもたちは6,600万人

レッドカップ

2014年には、世界65ヶ国で
およそ1,820万人の子どもたちに給食を届けました。

飢餓のない世界を目指して活動する国連WFPの活動の柱の一つが「学校給食プログラム」です。
これは、途上国の学校で栄養価の高い給食を提供するというもので、
子どもたちの健全な発育を助けると同時に、就学率・出席率の向上に寄与しています。

矢印

世界の子どもたちに給食を届けませんか?

学校給食プログラムがもたらす様々な効果

  • 健全な成長を支える

    健全な成長を支える

    健全な成長を支える

    健全な成長を支える

    途上国では、国連WFPの提供する給食が唯一、定期的に食べられ、栄養を摂れる食事となる子どもたちが多くいます。給食には、ビタミン、ミネラル等の栄養素が加えられ、栄養たっぷりの給食により子どもたちの栄養状態が改善します。

    カップを配る
  • 教育の機会を広げる

    教育の機会を広げる

    教育の機会を広げる

    教育の機会を広げる

    貧しい家庭では、生計を支えるために、子どもが働かなければならないことがあります。しかし、給食が提供されれば、親は働かせるよりも学校へ通わせることを選ぶようになります。
    給食は学校への呼び水となり、就学率・出席率が上がります。子どもたちは空腹が満たされることで、勉強に集中することができ、学習能力も向上します。

    勉強をする男の子
  • 暮らしを守る

    暮らしを守る

    暮らしを守る

    暮らしを守る

    災害や経済危機などの緊急事態が起きた時、貧しい家庭や親を亡くした子どもは生活がさらに苦しくなり、食べていくことが難しくなります。そんな時、給食は家計を助け、暮らしを守る手段となります。

    給食を食べる女の子
  • 社会や国の発展につながる

    社会や国の発展につながる

    社会や国の発展につながる

    社会や国の発展につながる

    子どもたちは教育を受けることで未来への夢や希望を持てるようになり、教育の普及は社会や国の発展に寄与します。

    食事をする子どもたち
健全な成長を支える

健全な成長を支える

途上国では、国連WFPの提供する給食が唯一、定期的に食べられ、栄養を摂れる食事となる子どもたちが多くいます。給食には、ビタミン、ミネラル等の栄養素が加えられ、栄養たっぷりの給食により子どもたちの栄養状態が改善します。

カップを配る
教育の機会を広げる

教育の機会を広げる

貧しい家庭では、生計を支えるために、子どもが働かなければならないことがあります。しかし、給食が提供されれば、親は働かせるよりも学校へ通わせることを選ぶようになります。
給食は学校への呼び水となり、就学率・出席率が上がります。子どもたちは空腹が満たされることで、勉強に集中することができ、学習能力も向上します。

勉強をする男の子
暮らしを守る

暮らしを守る

災害や経済危機などの緊急事態が起きた時、貧しい家庭や親を亡くした子どもは生活がさらに苦しくなり、食べていくことが難しくなります。そんな時、給食は家計を助け、暮らしを守る手段となります。

給食を食べる女の子
社会や国の発展につながる

社会や国の発展につながる

子どもたちは教育を受けることで未来への夢や希望を持てるようになり、教育の普及は社会や国の発展に寄与します。

食事をする子どもたち

あなたの寄付でできること

毎月の寄付

毎月定額引き落としによる継続的な寄付の方法です。

毎月3,000のご寄付で

給食を食べる三人の子どもたち

子ども100人に1日分の給食を毎月届けることができます。

今回の寄付

1回ごとに寄付していただく方法です。

1回5,000のご寄付で

給食を食べる二人の子ども

子ども1人に栄養たっぷりの給食を1年間届けることが出来ます。

※一例。地域やプログラム、為替レートによって変動します。
※国連WFPへのご寄付は、寄附金控除など税制上の優遇措置が受けられます。
※ご寄付の金額は任意です。

授業をうける子どもたち

子どもたちのストーリー (ケニア) 給食があるから学べる。

ケニア・ナイロビの貧困レベルが非常に高いスラム街にある学校では、以前はよく朝礼の最中に空腹にこらえきれない子どもたちが倒れていました。
国連WFPの給食が提供されるようになると、230人だった生徒数が530人に増えました。子どもたちは学校に行くと食べものがもらえることを知り、毎日通学するようになりました。また、空腹が満たされ学習に集中できるようになったことで成績も良くなり、50点ぐらいしかとれなかった子が70点や80点を取るようになりました。

国連WFPとは

国連WFPは、飢餓と貧困をなくすことを使命とする国連唯一の食糧支援機関です。
災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、毎年平均80ヵ国で、女性や子どもなど9,000万人に食糧支援を行っています。
2014年は、世界82カ国で8,000万人以上に食糧を届けました。

国連WFPとは

国連WFPの活動実績

数字で見る国連WFP 2014

2014年の国連WFPの活動を紹介しています。
矢印詳しくはこちら

国連WFPのレッドカップキャンペーン

国連WFPのレッドカップキャンペーン

レッドカップキャンペーンの商品を購入して、世界の子どもたちに給食を届けませんか? 矢印詳しくはこちら