RED CUP CAMPAIGN

レッドカップキャンペーン
とは?

レッドカップキャンペーンとは?

いま、世界には飢餓で多くの命が失われていること、食べるために働いて学校に行けない子どもたちがまだまだいること、この状況を多くの人に伝え、1人でも多くの子どもたちに学校給食を届けるためのキャンペーンです。

目印は、国連WFPが給食を入れる容器として使っている、赤いカップ。 赤いカップは、子どもたちの未来への希望のシンボル。 このカップを目印にして、皆さんに学校給食支援にご協力いただく機会をご用意します。

皆さんの力で子どもたちに給食が届き、世界がより良くなっていく、 それがレッドカップキャンペーンの願いです。

学校給食子どもたち

学校給食と子どもたちイメージ1
学校給食と子どもたちイメージ2

世界には、一日に一度の食事すら満足に食べることができず、空腹のまま学校に通う子どもが6,600万人います。
また、学校に通うことすらできない子どもたちも大勢います。

国連WFPは過去50年以上にわたり、途上国の子どもたちの健全な成長を促し、教育の機会を広げるための学校給食を提供してきました。2014年は、65カ国において1,820万人の子どもたちに給食を提供しました。

世界には、学校給食が一日の唯一の食事となる子どもたちがたくさんいます。
一食30円の給食が、大きな違いをもたらします。
レッドカップキャンペーンを通じて、子どもたちの未来を守るための支援が広がっていくことを願っています。

レッドカップキャンペーン
参加するには

レッドカップキャンペーンへの参加方法をご紹介します。
キャンペーンへの参加方法は1つではありません。
皆さんの行動が、世界中の子どもたちの希望につながります。
キャンペーンに参加して、子どもたちへ温かいご支援をお願いいたします。

個人の方

寄付をする

毎月継続的なご寄付をいただくWFPマンスリー募金と、一回のみのご寄付の2種類の方法がございます。

※ご寄付の金額は任意です。

レッドカップキャンペーンマークが
ついた商品を購入する

このキャンペーンをひろめる

1人でも多くのキャンペーンに参加してもらうため、
周りの皆さんにレッドカップキャンペーンについて伝えていただきますよう、よろしくお願いします。

企業の方

レッドカップキャンペーンに参加する

キャンペーンマークを包材などに活用し、製品の売上の一部をご寄付いただくなどの取り組みを通じて、
レッドカップキャンペーンに参加くださる企業を募集しています。
途上国の子どもたちの未来を支えるため、支援の輪の拡大にぜひご協力ください。

キャンペーンに参加すると…

  • 途上国の子どもたちに給食を届けることができます。

    途上国の子どもたちに
    給食を届けることができます。

  • レッドカップキャンペーンマークを使用することができます。

    レッドカップキャンペーンマーク
    を使用することができます。

  • 貴社の社会貢献活動の取り組みをPRすることができます。

    貴社の社会貢献活動の取り組みを
    PRすることができます。

  • WEBサイト、Facebookやメールマガジン等で貴社の取り組みをご紹介します。

    WEBサイト、Facebookや
    メールマガジン等で
    貴社の取り組みを
    ご紹介します。

  • 国連WFP主催、および参加するイベントで、貴社の取り組みをご紹介します。

    国連WFP主催のイベント等で、
    貴社の取り組みを
    ご紹介します。

参加企業の皆さまからの声

レッドカップキャンペーンに
参加していかがでしたか?

レッドカップキャンペーンに参加していかがでしたか?
参加企業の89%が満足と回答!
  • ・社会貢献活動に参加できたから。
  • ・ブランドイメージ向上につながったから。
  • ・社内の評判が良かったから。
  • ・お客様からの評判が良かったから。

(2014年4月時点参加企業18社を
対象としたアンケート調査結果より)

参加企業の81%がレッドカップキャンペーンに継続参加!

参加企業の81%がレッドカップキャンペーンに継続参加!

国連WFP

電話アイコン 0120-496-819 (通話料無料)

【受付時間】9:00〜18:00(年中無休)/ 携帯電話・PHSからもつながります。

国連WFPとは

国連WFPは、飢餓と貧困の撲滅を使命に活動する国連の食糧支援機関です。

自然災害や紛争の被災者、妊婦や授乳中の母親、栄養不良の子ども、遺児、病人、老人など最も貧しい暮らしを余儀なくされている人を対象に、毎年平均、およそ80ヵ国で9,000万人以上に食糧支援を行っています。

2014年は82カ国において、8,000万人に食糧支援を行いました。

ページの先頭へ

株式会社ミスターマックス
「チャリティーTシャツ」

2016年3月17日から、チャリティーTシャツ1枚お買い上げごとに15%がキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されます。

株式会社ミスターマックス 取締役執行役員 商品本部長

内座優典さんからのメッセージ

弊社では「お客様に気軽にチャリティに参加していただきたい」との想いから、2010年から税別500円のチャリティTシャツを製作・販売しており、今回は、レッドカップキャンペーンに参加することに決定いたしました。元気な子どもたちの姿が、希望ある未来を創ると信じています。ご賛同いただいたお客様とともに、1人でも多くの子どもたちに笑顔と希望を 届けたいと願っています。

■リンク

「MrMax、地元九州クリエイター集団と共同製作、全40種のチャリティTシャツを販売」へリンク
(株式会社ミスターマックスのサイトに移動します)

株式会社河本総合防災
「蓄圧式粉末(ABC)消火器」

2016年3月1日より、消火器の販売1本につき30円が、レッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

株式会社河本総合防災 総務部 部長

小川 誠さんからのメッセージ

弊社は、2009年より子どもの栄養改善と就学率向上を目標に実施している国連WFPの「学校給食プログラム」に賛同し、1年間を通して≪消火器販売活動(1本30円)≫と社内での募金活動を前向きに取り組んで参りました。今後も引き続き、CSRの一環として募金活動を継続してまいります。

■リンク

(株式会社河本総合防災のサイトに移動します)

プリマハム株式会社
「直火焼 デミグラスハンバーグ」

2016年1月から6月の間、「直火焼 デミグラスハンバーグ」1パックお買い上げごとに1円がキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されます。

プリマハム株式会社 代表取締役社長

松井鉄也さんからのメッセージ

「食」に直接携わる企業として、プリマハムは2005年より国連WFPの活動を支援しています。今回、4回目となるレッドカップキャンペーン参加することにより、継続的に世界の飢餓で苦しむ子どもたちや、食べるために働いて学校にいけない子どもたちに給食活動を通じて栄養と希望を与えることができればと考えております。

株式会社ロッテ
「ガーナリップル」

2016年7月から2017年3月まで「ガーナリップル」をお買い上げごとに、売上の一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、ガーナの学校給食支援に活用されます。

ロッテ マーケティング統括部

木下温美さんからのメッセージ

「ガーナでつながる明るい笑顔」~ガーナ共和国のこどもたちに学校給食を~
ロッテはガーナ共和国の発展を願い、レッドカップキャンペーンを通じて国連WFPの学校給食プログラムに協賛し、ガーナのこどもたちが笑顔で安心して学校に通える環境づくりを応援しています。

■リンク

「ガーナでつながる明るい笑顔 ~ガーナ共和国の子ども達に学校給食を~」へリンク
(ロッテのサイトに移動します)

株式会社ナックス
マダガスカル生産 紳士・婦人セーター

2015年9月より「マダガスカル生産 紳士・婦人セーター」をお買い上げごとに売り上げの一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

株式会社ナックス 営業一部 主任

武下典史さんからのメッセージ

当社は2013年より “アフリカに最も近いアジア” と呼ばれるマダガスカルの工場にカシミヤセーターの生産を依頼しております。そのマダガスカルは世界でも貧しい国の1つです。そういった貧しい国々の子どもたちへ国連WFPのレッドカップキャンペーンを通じて 学校給食の支援プログラムに賛同させて頂きました。この取り組みによってより多くの子どもたちに笑顔が届きますよう、応援しております。

■リンク

(株式会社ナックスのサイトに移動します)

ケンタッキーフライドチキン
「スマイルセット」

2015年9月3日から2016年9月2日まで、KFCの人気メニューにKFC特製グッズがついた「スマイルセット」の売上の一部が、このキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

日本KFCホールディングス 企画広報部 広報チーム アシスタントマネージャー

久本尚美さんからのメッセージ

日本KFCホールディングスグループは2007年から、国連WFPの活動に賛同しキャンペーンや店頭募金を実施、売上の一部や寄付金は途上国の子ども達の健全な発育と就学率の向上を目指す「給食プログラム」に役立てられています。
これからも一人でも多くのかたに世界の飢餓の現実やWFPの活動を知っていただくお手伝いとともに、食をご提供する私たちが、食べる喜びを世界の子たちと共有できればと思っています。

■リンク

「世界飢餓救済活動 小さな命を守るために」(日本KFCホールディングス株式会社 サイトに移動します)

横浜市
「よこはまウォーキングポイント事業」

市民を対象とした「よこはまウォーキングポイント事業」参加者全員の月平均歩数が10万歩を上回った月に、20万円がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

横浜市健康福祉局保健事業課 担当課長

前中 ゆかりさんからのメッセージ

「よこはまウォーキングポイント」は、飢餓や貧困に苦しむ世界の子どもたちに給食と笑顔を届けるこの活動に賛同しています。参加者全員が月平均10万歩を達成すると、40人の給食1年間分になります。自分の健康のために歩いたことが、未来を担う子どもたちの給食支援につながるため、社会貢献がウォーキングの励みになると御好評いただいております。健康維持と子どもたちの笑顔と未来のために、横浜市民はウォーキングを続けていきます。

■リンク

よこはまウォーキングポイント事業で寄付!
(横浜市のサイトに移動します)

株式会社テーブルクロス社会貢献型飲食店検索アプリ
「テーブルクロス」

2015年3月より2016年2月まで、グルメアプリ「テーブルクロス」から飲食店を予約すると、店舗からの広告費の一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

テーブルクロス 代表取締役社長

城宝薫さんからのメッセージ

世界にはまだまだお腹いっぱい食べることができない子どもたちがたくさんいて、貧困地区の子供たちはゴミ拾いなどの仕事をするため学校に通えない現実を、私自身沢山見てきました。小学校に給食を支援すると、給食目当てに登校するキッカケになるのです。テーブルクロスから給食を支援することでこどもたちに笑顔と未来を届けます。私はすべてのこどもたちが夢を描くことのできる社会をつくることができるようにこれからも国連WFPと一緒に頑張っていきます。

■リンク

「外食するなら予約しよう。~テーブルクロス~」
(株式会社テーブルクロスのサイトに移動します)

株式会社中村屋
「技あり仕込みビーフカリー(中辛、濃厚リッチ)」

「技あり仕込みビーフカリー(中辛、濃厚リッチ)」(2015年3月下旬から該当パッケージに順次切り替え)の売上の一部が、このキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

中村屋 CSR推進部門統括部長 執行役員

大野正美さんからのメッセージ

食は命の源です。中村屋は食に携わる企業として食を通じた社会貢献を推進すべく、2008年からWFPの活動を支援してきました。今回は2012~13年に引き続き「レトルトカレー」でレッドカップキャンペーンに参加いたします。カレーは弊社を代表する商品の一つです。この取り組みにより、より多くの貧困に苦しむ子どもたちに"食糧と教育と希望"をお届けできれば幸いです。

■リンク

レトルトカレーで飢餓に苦しむ世界の子どもたちに栄養と希望を!
~中村屋はレッドカップキャンペーンを通じてWFPの「学校給食プログラム」を応援します~
(中村屋のサイトに移動します)

株式会社ディノス・セシール
『and moi』(アンド モア)

「セシール」で展開する、“等身大のおしゃれ”を楽しむ30代女性向けファッションカタログ『and moi』(アンドモア)で商品をご購入頂くと、1回のお買い物につき5円が、このキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

株式会社ディノス・セシール レディスアウター商品企画部 商品担当

境きよらさんからのメッセージ

『and moi』(アンド モア)は、カタログ通販の「セシール」が展開する“私らしさ”を大切にする30代女性に向けたファッションカタログです。等身大のおしゃれを楽しみながら、自然と社会問題へ目を向けることができる大人女子のみなさまと一緒に、社会がHappyになる仕組みを築きたい。そんな想いから、お買い物ごとに支援ができるようにしました。セシールでは、「女性とこどもたちのために」というキーワードを、CSR活動の一つのテーマとして掲げています。『and moi』(アンド モア)でのお買い物を通じて、お客様と一緒に、こどもたちの未来をつなぐお手伝いができればと考えています。

■リンク

『and moi』(アンド モア)は、国連WFPの「RED CUP CAMPAIGN」を応援します。
(株式会社ディノス・セシールのサイトに移動します)

株式会社ユニーク
サイレントマウス&キーボードセット

2014年12月より、サイレントマウス&キーボードセットの売り上げの一部が、レッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

ユニーク 代表取締役

佐藤明芳さんからのメッセージ

この度、飢餓や貧困に苦しむ世界の子どもたちに学校給食と笑顔を届けるレッドカップキャンペーン活動に共感と感銘を受け、ユニーク商品の売り上げの一部の寄付を通じ、学校給食を一人でも多くの子どもたちに届けて頂き、笑顔があふれ、心が豊かになり、未来に目標や希望えがけるよう、応援していきたいと考えております。

■リンク

「レッドカップキャンペーンを通じて国連WFPの「学校給食プログラム」を応援します」
(株式会社ユニークのサイトに移動します)

全国農協食品株式会社
「国産果実、米、冷凍ピラフ・グラタン・ライスバーガーなど」

2014年5月より「国産果実、米、冷凍ピラフ・グラタン・ライスバーガーなど」の売り上げの一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

全国農協食品株式会社 代表取締役

秋田俊毅さんからのメッセージ

弊社では、国産農畜産物・加工品の販売および学校給食事業など、食に関わる企業として、飢餓や貧困に苦しむ世界の子どもたちに学校給食と笑顔を届けるこの活動に賛同し参加致しました。
学校給食を食べることで、一人でも多くの子どもたちに笑顔があふれ、心が豊かになり、未来に夢や希望を持ってもらえることが私たちの願いです。世界中の子どもたちに笑顔が届けられるよう、応援していきます。

■リンク

「国連WFP「レッドカップキャンペーン」への参加
(全国農協食品のサイトに移動します)

株式会社湖池屋
「ポテトチップス のり塩 たべきりサイズ5個パック」

2014年3月より「ポテトチップス のり塩 たべきりサイズ5個パック」をお買い上げごとに売り上げの一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

株式会社湖池屋 マーケティング部 広報課 課長

山口直哉さんからのメッセージ

コイケヤポテトチップスのり塩は、1962年発売以来たくさんのお客様にご愛顧いただいております。
レッドカップキャンペーンに参加し、お菓子を通じて、一人でも多くの子どもたちに学校給食を届けられば幸いです。WFPの活動に参加することができ、大変うれしく思っております。子供たちの笑顔があふれることを願っております。

■リンク

「ポテトチップス のり塩」を食べて社会貢献 国連WFPのレッドカップキャンペーンに参加
~ 製品を通じて「学校給食プログラム」を応援します ~
(株式会社湖池屋のサイトに移動します)

カンロ株式会社
「カンロ飴」

2014年3月より「カンロ飴」の売り上げの一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

カンロ株式会社 経営企画室 室長

廿日出 多真樹さんからのメッセージ

弊社では、お菓子という「食」を扱う企業として、「食」のご提供を中心としたさまざまな取り組みを通じてCSR活動に取り組んでおります。その一環として「カンロ飴」で「レッドカップキャンペーン」に参加いたします。当社の顔でもあるカンロ飴でキャンペーンに参加することで、少しでも多くの方に世界の飢餓や貧困の問題を知っていただき、一人でも多くの子供たちに学校給食を届ける支援ができれば幸いです。

■リンク

国連 WFP「レッドカップキャンペーン」に参加いたします!
(カンロ株式会社のサイトに移動します)

株式会社ビバック
「クレーンなど」

2013年8月よりクレーンなどの売り上げの一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

ビバック 代表取締役

山田泰之さんからのメッセージ

弊社では、飢餓や貧困に苦しむ世界の子どもたちに学校給食と笑顔を届けるこの活動に賛同し、参加致しました。
学校給食を食べることで、一人でも多くの子どもたちに笑顔があふれ、心が豊かになり、未来に夢や希望を持ってもらえることが私たちの願いです。世界中の子どもたちに笑顔が届けられるよう、応援していきます。

■リンク

ビバックはレッドカップキャンペーンを通じ、国連WFPの「学校給食プログラム」を支援しています。対象商品:クレーンなど建設機械
(株式会社ビバックのサイトに移動します)

株式会社グラム/Q-pot.
「ランドセル」

2015年4月9日(木)より、Q-pot.オンラインショップ、Q-pot.原宿本店にて、「Q-pot.ランドセル」の先行予約受注スタート。また、2015年夏以降より、一部百貨店で順次発売。Q-pot.ランドセルの売上げの一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

Q-pot.クリエイティブ部 チームリーダー

小井土聡美さんからのメッセージ

Q-pot.は「世界に笑顔の連鎖を」というコンセプトのもと、「とろ〜り・リボンプロジェクト」を立ち上げました。“ランドセル”と“学校給食”の親和性が高いことから、レッドカップキャンペーンに参加することとなり、今年で3年目を迎えるQ-pot.のランドセル。新たなラインナップも加わり、更にスイートになって展開いたします。この取り組みを通じて、世界中の未来を担う大切な子ども達に笑顔が拡がり、夢や希望に溢れる未来にしたいと心から願っております。

■リンク

Q-pot.とろ〜り・リボンプロジェクト「Q-pot.ランドセル」の詳細はこちら
(Q-pot.サイトに移動します)

マルイ食品株式会社
「チキン南蛮」シリーズ、「ササミフライ(チーズ入り)」シリーズ、「チキンナゲット(卵・牛乳不使用)Fe強化」シリーズ

2013年4月より「チキン南蛮」シリーズ、「ササミフライ(チーズ入り)」シリーズ、「チキンナゲット(卵・牛乳不使用)Fe強化」の売り上げの一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

マルイ食品株式会社 食品加工事業本部 加工企画開発部 部長

田代 純子さんからのメッセージ

弊社では「食卓と笑顔のまん中に」のブランド理念の下、日頃より「食べることが笑顔につながる」商品づくりを行っており、飢餓や貧困に苦しむ世界の子どもたちに学校給食と笑顔を届けるこの活動に賛同し、参加致しました。
学校給食を食べることで、一人でも多くの子どもたちに笑顔があふれ、心が豊かになり、未来に夢や希望を持ってもらえることが私たちの願いです。世界中の子どもたちに笑顔が届けられるよう、応援していきます。

■リンク

「マルイ食品はレッドカップキャンペーンを通じ、国連WFPの「学校給食プログラム」を支援しています。
対象商品:「チキン南蛮」シリーズ、「ササミフライ(チーズ入り)」シリーズ、「チキンナゲット(卵・牛乳不使用)Fe強化」
(マルイ食品株式会社のサイトに移動します)

ハウス食品株式会社
「とんがりコーン」シリーズ

「とんがりコーン」シリーズの37g袋入りタイプ(コンビニエンスストア・駅売店限定販売)の売り上げの一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

ハウス食品グループ本社 CSR部 部長

加藤浩さんからのメッセージ

ハウス食品では、日本の子ども達に人気のスナック菓子「とんがりコーン」を通じて、国連WFPのレッドカップキャンペーンに参加することになりました。
飢餓と貧困に苦しむ子どもたちに、学校給食を届けるこの活動に協力することで、未来のある一人でも多くの子どもたちに笑顔と希望を作るお手伝いができれば幸いです。

■リンク

「ハウス食品はレッドカップキャンペーンを通じ、国連WFPの「学校給食プログラム」を支援。対象商品 ハウスとんがりコーン37g袋入り」
(ハウス食品のサイトに移動します)

キユーピー株式会社
キユーピーベビーフード

2012年9月14日よりキユーピーベビーフード「かむかむ赤ちゃん」シリーズが、2013年3月15日より「ハッピーレシピ」シリーズが新たに発売され、この売り上げの一部がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

キユーピー 広報部 部長

堀池俊介さんからのメッセージ

子どもたちが空腹を満たし、学校に通うことで、飢餓と貧困の連鎖を断ち切ろうという国連WFPの学校給食プログラムに、私たちも参加することになりました。
社会の基盤を作っていくのは教育。そして未来を担うのは子どもたち。ベビーフードにレッドカップをつけることで、私たちも未来を育てるお手伝いをしていきたいと思います。

■リンク

キユーピーベビーフードから具材たっぷりの新シリーズ
「かむかむ赤ちゃん」全7品 1歳4ヵ月頃からのお子さま向けに新登場
(キユーピーのサイトに移動します)

キユーピーベビーフードから、レトルトパウチの新シリーズ「ハッピーレシピ」新発売
アレルギー配慮8品を含む、全16品のラインアップ
(キユーピーのサイトに移動します)

日清食品株式会社
「日清チキンラーメン」

2012年4月より「日清チキンラーメン」1食につき0.2円、「日清チキンラーメンどんぶり」1食につき0.34円がこのキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されます。

日清食品 マーケティング部第3グループブランドマネージャー

三宅隆介さんからのメッセージ

日清食品グループでは、「世界中のがんばる子どもたちを応援する」という考えのもと、このレッドカップキャンペーンの参加を決定いたしました。今回、チキンラーメンを通じて、WFPの学校給食支援に協力することができ、大変嬉しく思っております。一人でも多くの子どもが飢えることなく、健全に成長し、学ぶことができるように願っております。これからも、子どもたちの未来のために支援を行っていきたいと考えています。

■リンク

「チキンラーメン」はレッドカップキャンペーンを通じて WFPの「学校給食プログラム」を支援します
(日清食品のサイトに移動します)

株式会社明光ネットワークジャパン
「明光義塾オリジナル教材」

全国の明光義塾で生徒が使用する明光義塾オリジナル教材「明光未来ワーク」、「講習テキストマスター」、自立学習教材「パーフェクトBOOK」および明光義塾オリジナルノートの売上の一部が国連WFPの学校給食プログラムに寄付されます。

明光ネットワークジャパン 常務取締役

田上 節朗さんからのメッセージ

明光義塾では、途上国の子どもたちに給食を提供することで就学を支援するという、国連WFPの学校給食プログラムの主旨に賛同しその活動を支援しています。また、全国の明光義塾の生徒たちにその活動を知ってもらい、内向きになりがちな今の日本の子どもたちが、世界の状況に関心を持ち、自分たちにできることを考えるきっかけにしてもらいたいと願っています。

■リンク

株式会社明光ネットワークジャパンは、レッドカップキャンペーンを応援しています。
(株式会社明光ネットワークジャパンのサイトに移動します)

ユニリーバ
「リプトンアイスティー」

国連WFPのグローバル・パートナーとしてユニリーバは、2006年から「学校給食プログラム」を支援しています。2012年4月より、森永乳業株式会社が製造・販売を行っている「リプトン1000ml 紙パックシリーズ」の売上の一部が寄付になる支援キャンペーンを展開しています。

■リンク

Lipton1000mlはWFPの学校給食プログラムを支援しています。
(Liptonのサイトに移動します)

日本生活協同組合連合会
「CO・OPコープヌードル」「CO・OP&クノール スープ バラエティパック」「CO・OPミニヌードルミニ」シリーズなど全11アイテム

2014年9月21日〜10月31日、2015年10月1日〜11月20日の間、全国の生協店頭、及び、宅配で販売される「CO・OPコープヌードル」「CO・OP&クノール スープ バラエティパック」「CO・OPミニヌードルミニ」シリーズなどをお買い上げ1品につき1円がレッドカップキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、ガーナの学校給食支援に活用されました。

■リンク

ガーナ共和国の子どもたちに学校給食を届ける「CO・OP×レッドカップキャンペーン」を10月1日からスタート
(日本生活協同組合連合会のサイトに移動します)

株式会社ディノス・セシール
「家具・収納通販誌Lysa Home(リーサホーム)」

「ディノス」で展開する、ライフスタイル提案型の家具・収納通販誌『Lysa Home』(リーサホーム)で商品をご購入頂くと、1点のお買い上げごとに給食1人一日分が、このキャンペーンを通じて国連WFPに寄付されました。同社ではファッションカタログ「DAMA collection(ダーマ・コレクション) 」でも、お客様のお買いもの1回ごとに、給食1人一日分を国連WFPに寄付するキャンペーンを展開しました。

ディノス・セシール 『Lysa Home』編集長

樋口泉さんからのメッセージ

『Lysa Home』(リーサホーム)は、充実した毎日を大切に過ごしたいと考える、主に30代女性に向けたカタログです。ターゲットとする女性のライフスタイルを考えた時に、「子どもがいる方も多いので、関連した社会問題に関心が高いのでは?」と思い、お買いものごとに給食支援ができる仕組みにしました。お買いもの、という普段の生活の中で、気軽にチャリティに参加していただけたら嬉しいです。

■リンク

『Lysa Home』(リーサホーム)は国連WFPの学校給食プログラムを支援します!
(株式会社ディノス・セシールのサイトに移動します)

株式会社東邦銀行
「投資信託商品(新興国に投資するファンド)」

2013年10月から2015年3月まで、投資信託商品の販売手数料の一部がこのキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されました。

東邦銀行 取締役頭取

北村清士さんからのメッセージ

当行はこれまでにも信託報酬の一部を毎年寄付するなど、CSRにも積極的に取り組んで参りました。このたびは、各地からご支援いただいた福島県の被災行として「レッドカップキャンペーン」の趣旨に賛同し、参加致しました。飢餓や貧困に苦しむ世界の子どもたちに学校給食と笑顔を届けられるよう、応援して参ります。

■リンク

東邦銀行はレッドカップキャンペーンを通じ、国連WFPの「学校給食プログラム」を支援しています。対象商品:投資信託商品(新興国に投資するファンド)
(株式会社東邦銀行のサイトに移動します)

プリマハム株式会社
「とろ~りデミたまハンバーグ270g(3個)」

2013年9月から2014年3月末まで「とろ~りデミたまハンバーグ270g(3個)」1パックお買い上げごとに1円がこのキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されました。

プリマハム 執行役員 加工食品事業本部事業統轄室長

髙田和之さんからのメッセージ

プリマハムは食の「おいしさ」、人との「ふれあい」を通じて楽しく豊かな食の未来を創造していく社会貢献活動の一環として2005年よりWFPの活動を支援しています。
今回、2回目となるレッドカップキャンペーン参加することにより、継続的に、世界の飢餓で苦しむ子どもたちや、食べるために働いて学校にいけない子どもたちに給食活動を通じて栄養と希望を与えることができればと考えております。

株式会社ブルボン「オリジナルビスケットシリーズ」

2013年9月より2014年3月末まで「ブルボン オリジナルビスケットシリーズ」7品の売り上げの一部がこのキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されました。

ブルボン代表取締役専務

星野倖夫さんからのメッセージ

当社は「おいしさ、おもいやり、いつもいっしょに。」のキャッチフレーズのもと、心と体の健康づくりをテーマに、種々の社会貢献活動に取り組んでおります。
この一環として、”オリジナルビスケットシリーズ”7品で「レッドカップキャンペーン」に参加させて頂き、売上金額の一部を国連WFPに寄付させて頂きます。この取り組みを通じて当社は、飢餓に苦しむ世界の子どもたちに、学校での栄養価の高い給食を提供し、発育を助けると同時に教育の機会を広げる活動として、国連WFPが実施している「学校給食プログラム」を応援してまいります。

■リンク

「ブルボン“オリジナルビスケットシリーズ”は世界の学校給食プログラムを応援します。」
(株式会社ブルボンのサイトに移動します)

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
「セブンプレミアム」「セブンゴールド」シリーズ

2013年5月13日から2013年6月9日まで発売されたプライベートブランド商品「セブンプレミアム」のお菓子5品、「セブンゴールド」のカップ麺3品の売り上げの一部がこのキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されました。

セブン&アイ・ホールディングス 取締役執行役員 CSR統括部シニアオフィサー

伊藤順朗さんからのメッセージ

セブン&アイ・ホールディングスは2008年より国連WFPの活動に賛同しております。今回、お客様の日常生活のニーズやご不満に応える「質」にこだわった価値ある商品としてお届けするプライベートブランド(PB)商品「セブンプレミアム」「セブンゴールド」の一部を使いレッドカップキャンペーンに参加させていただきます。国連ミレニアム開発目標のひとつである「貧困と飢餓の撲滅」の一助となる取り組みとして今後も国際社会へ貢献してまいります。

■リンク

「一人でも多くの子どもたちに栄養と希望を国連WFP「レッドカップキャンペーン」に参加!」
(セブン&アイ・ホールディングスのサイトに移動します)

株式会社真誠
「煎りたて一番」シリーズ、「擂りたて一番」シリーズ

2013年1月より12月末まで「煎りたて一番」シリーズ、「擂りたて一番」シリーズの売り上げの一部がこのキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されました。

真誠 業務本部 営業支援チーム

相京 毅さんからのメッセージ

真誠では、2005年から国連WFP協会評議会メンバーとしてWFPの活動を支援してきました。今回、レッドカップキャンペーンに参加し、WFPの学校給食プログラムに協力することができたことを大変嬉しく思います。
これからも、小さな一粒のごまから、世界のこども達の明るい笑顔と未来を育むお手伝いをしていきたいと思います。小さなごまですべての人を笑顔にしたい!

■リンク

株式会社真誠「煎りたて一番」シリーズ、「擂りたて一番」シリーズ
(真誠のサイトに移動します)

株式会社ロッテ
「ガーナリップル」

2013年1月から3月末まで「ガーナリップル」1パックお買い上げごとに2円がこのキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されました。

ロッテ 商品開発部

天野寛之さんからのメッセージ

「ガーナでつながる明るい笑顔」~ガーナ共和国のこども達に学校給食を~
ロッテはガーナ共和国の発展を願い、レッドカップキャンペーンを通じて国連WFPの学校給食プログラムに協賛し、ガーナのこども達が笑顔で安心して学校に通える環境づくりを応援しています。

■リンク

「ガーナでつながる明るい笑顔 ~ガーナ共和国の子ども達に学校給食を~
(ロッテのサイトに移動します)

株式会社ファミリーマート
FamilyMart collection「きつねうどん」「天ぷらそば」「チョコクランベリー」「ホワイトリングハムチーズ」

2012年10月30日より発売された新プライベートブランドFamilyMart collection 「きつねうどん」「天ぷらそば」、2012年12月11日から2013年1月21日まで発売された「チョコクランベリー」「ホワイトリングハムチーズ」の売り上げの一部がこのキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されました。

ファミリーマート 社会・環境推進部

井芹広美さんからのメッセージ

ファミリーマートでは、2012年10月30日から翌年3月31日まで新プライベートブランド「Familymart collection」のカップ麺、及び、2012年12月11日から2013年1月21日までパン2種類の売上の一部を、レッドカップキャンペーンを通じて、国連WFPに寄付いたします。商品にレッドカップをつけることで、お客様にもさらに認知が広がることを願っています。
ファミリマートはお客様と私たち企業がともに共感して参加する、このような活動をこれからもつづけてまいります。学校給食を食べている子どもたちの笑顔は私たちにとって、大切な財産です。

■リンク

国連WFPの「RED CUP CAMPAIGN」に参加!
~「FamilyMart collection」のカップ麺の売上の一部を寄付~

ファミリーマートオリジナルカップ麺に続き
オリジナルパン2種類でも国連WFPの「RED CUP CAMPAIGN」に参加! 

株式会社中村屋
「技あり仕込みビーフカリー(中辛、辛口)」「中華まん(肉まん6個入、肉まん・あんまん6個入)」

「技あり仕込みビーフカリー」(2012年8月から該当パッケージに順次切り替え)、「肉まん6個入、肉まん・あんまん6個入」(2012年8月中旬販売)の売上の一部が、このキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されました。

中村屋 CSR推進室室長

吉岡 修一さんからのメッセージ

食は命の源です。中村屋は食に携わる企業として食を通じた社会貢献を推進すべく、2008年からWFPの活動を支援してきました。今回、レッドカップキャンペーンに参加し、弊社を代表する商品の一つである「カレー」と「肉まん、あんまん」にレッドカップマークをつけることで、より多くの貧困に苦しむ子どもたちに"食糧と教育と希望"をお届けできれば幸いです。

■リンク

中華まんとレトルトカレーで飢餓に苦しむ世界の子どもたちに栄養と希望を!
~中村屋はレッドカップキャンペーンを通じてWFPの「学校給食プログラム」を応援します~
(中村屋のサイトに移動します)

株式会社湖池屋
「ポリンキーあっさりコーン」「ポリンキーお好みソースあじ」

2012年5月28日から2013年3月末まで「ポリンキーあっさりコーン」「ポリンキーお好みソースあじ」の売上の一部が、このキャンペーンを通じて国連WFPに寄付され、学校給食支援に活用されました。

フレンテ 総務広報部部長

一ノ瀬 雅宏さんからのメッセージ

「ポリンキー」は、お子さんに人気の商品です。日本の子どもたちに「ポリンキー」をおいしく食べていただくことで、アフリカをはじめとする世界の子どもたちに学校給食と笑顔を届けることができる。そんな素敵なつながりを築けます。ポリンキーで笑顔をつなごう!

■リンク

「ポリンキー」を食べて社会貢献しよう
~レッドカップキャンペーンを通じてWFPの「学校給食プログラム」を応援します!~
(湖池屋のサイトに移動します)