ゼロハンガーチャレンジ 食品ロス × 飢餓ゼロ 国連WFP世界食料デーキャンペーン 20219/29~10/31 #食品ロスWFP2021

©WFP/Sayed Asif Mahmud

ゼロハンガー
チャレンジとは?

あなたの食品ロス削減の取り組みが寄付となって、
途上国の食料支援につながります

ゼロハンガーチャレンジは国連WFP協会が、あなたと途上国の子どもたちとの間で食料をつなぐ取り組みです。
あなたが食品ロスを減らすアクションを起こしてSNSに投稿すると、1投稿=120円の寄付として、国連WFP協会が途上国の子どもたちに学校給食を届けます。

世界では生産された食べ物の3分の1が廃棄されています。
一方、地球上では10人に1人、最大8億1,100万人が餓えに苦しんでいます。日本も「食品ロス」大国の一つです。 国連WFPが支援する1.4倍もの食品が廃棄されているのです。

10月16日は世界食料デー。世界の飢餓や栄養不足と、その解決策について考える日です。
この機会に皆さんも食品ロスについて行動してみませんか?

日本で1年間で捨てられる食品の量は国連WFPが1年間で支援する量の1.4倍!
飢餓と食品ロスについてもっと知る

参加方法

1 食品ロスを
減らす

  • 国連WFPゼロハンガーチャレンジ 買う編

    買う

    • 賞味期限が近いものや見切り品を買う
    • オンラインやアプリで廃棄されそうな食料を買う
    • 大量に買わず使う分だけ買う
  • 国連WFPゼロハンガーチャレンジ 作る編 Coming Soon

    つくる

    • 皮なども丸ごと使った調理方法で過剰に捨てない
    • 余った料理や食材など残り物もアレンジする
    • 使いきれるように工夫して収納・保存する
  • 国連WFPゼロハンガーチャレンジ 食べきる編 Coming Soon

    食べる

    • 残さず食べきる
    • お店では食べられる分だけ注文する
みんなのアクション例を見る

2 SNSへ
投稿

#食品ロスWFP2021

ハッシュタグ
#食品ロスWFP2021
をつけてSNSへ投稿!

お一人様何回でもご投稿いただけます。
必ず公開可能の設定でご投稿ください。

キャンペーンに協力するキャンペーンアンバサダー、スペシャルサポーターの投稿をリポスト、リツイート、シェアするだけでも寄付につながります。

※詳細は募集要項をご覧ください。

ハッシュタグをコピー
キャンペーンアンバサダーを見る

3 途上国に
支援が届く

©WFP/Ratanak Leng

寄付協力企業からのご協力を元に上限約26万9,000人分の学校給食を予定しています。

国連WFPの給食支援をもっと知る

食品ロスゼロアクション
コンテスト開催決定!豪華賞品が当たる!

投稿してくれた方の中から抽選で
協賛企業より賞品を贈呈します。

協賛企業と賞品

現地に届く学校給食が
2倍

スペシャルサポーター2社の商品を
活用した投稿なら、
通常投稿の2倍の8人分
給食支援になります。

  1. 1

    スペシャルサポーター2社の
    商品でアクション

    • 株式会社明治

      ※画像の商品だけでなく、
      株式会社 明治の
      全ての商品が対象です。

      株式会社明治の商品
    • 日清食品ホールディングス株式会社

      ※画像の商品だけでなく、
      日清食品の「チキンラーメン」シリーズ
      全てが対象です。

      日清食品ホールディングス株式会社の商品
  2. 2

    通常のハッシュタグと、
    該当のスペシャルサポーターの
    ハッシュタグをつけて投稿

    #食品ロスWFP2021をコピー
    +

    該当のスペシャルサポーターのどちらか1つ

    #明治使い切りレシピをコピー
    #ひよこちゃんと食ロス0レシピをコピー
  3. 3

    8人の子どもたちに
    給食が届く

    8人分

    ダブルカウントされて通常の投稿の倍の8人分の学校給食が途上国の子どもたちに届けられます。

例えばこんな投稿・・・

  • 投稿例

    明治おいしい牛乳を使った
    ミルクプリン!!
    #食品ロスWFP2021
    #明治使い切りレシピ

  • 投稿例

    チキンラーメンと牛乳で
    まさかの絶品アレンジレシピ!
    #食品ロスWFP2021
    #ひよこちゃんと食ロス0レシピ

みんなの
アクション例

多くの方にご協力いただいています。
キャンペーンアンバサダー、
スペシャルサポーターの投稿を
リポスト、リツイート、シェアするだけでも寄付につながります。

ぜひ一緒に取り組みましょう!

拡散するだけでも賞品ゲットのチャンス!

国連WFPのSNSアカウントをフォローし、
対象動画の投稿を拡散すると
寄付につながるだけでなく、抽選で10名様に
和牛サイン入りのエコバッグとレッドカップが当たります。

キャンペーン
アンバサダーの
皆さま(50音順)

Coming Soonもっとみる

募集要項

参加方法

  1. STEP1:食品ロス削減に繋がる行動を起こす。
  2. STEP2:ハッシュタグ「#食品ロスWFP2021」をつけてSNS(Instagram, Twitter, Facebook)に投稿。
  3. STEP3:1投稿につき120円が、寄付協力企業から国連WFP協会を通じて、国連WFPによる途上国の学校給食支援に寄付されます。
  4. STEP4:投稿してくれた方の中から抽選で協賛企業より賞品を贈呈します。

※国連WFPの公式アカウント、および本キャンペーンに協力するキャンペーンアンバサダー、スペシャルサポーターの「#食品ロスWFP2021」付き投稿のリポスト(Instagram)、リツイート(Twitter)、シェア(Facebook)も120円の寄付としてカウントされます。(Instagramでリポストされる際は、上記のハッシュタグも付けてください。)

※キャンペーンアンバサダーの投稿に対する「いいね」「リプライ」などのアクションは寄付にカウントされません。

※お一人様何回でもご投稿いただけます。

※必ず公開可能の設定でご投稿ください。

※ハッシュタグの前後には半角スペースが必要です。ハッシュタグに不備があった場合、集計の対象外となります。また、指定のハッシュタグの他にハッシュタグをつけても問題ありません。

寄付協力企業からのご協力を元に上限約26万9,000人分の学校給食を予定しています。

利用規約

本企画について

  • 本企画は、世界食料デーキャンペーン2021「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ」の一環として実施され、SNS(Instagram, Twitter, Facebook)を通じた投稿により、寄付協力企業が1投稿につき120円を、国連WFP協会を通じて、国連WFPの途上国における学校給食支援に寄付します。
  • Instagram、Twitter、Facebookによる主催ではありません。
  • 本企画への参加は、Instagram、Twitter、Facebookのユーザーアカウントが必要になります。
  • Instagram、Twitter、Facebookのスマートフォンアプリは、iPhoneはApp Storeより、AndroidはGoogle Playよりダウンロードしてください。
  • 国連WFPは特定の企業やブランド、商品やサービスを推奨するものではありません。

投稿について

  • 募集要項に則って、あなたが撮影した写真・動画(以下「投稿データ」といいます)の有無にかかわらず、ハッシュタグ「#食品ロスWFP2021」を付けて投稿してください。下記に該当する写真および文章の投稿は集計の対象外となります。
  • 本企画の趣旨に反するもの、または無関係なもの。
  • Instagram、Twitter、Facebookの利用規約・法令に反するもの。
  • 公序良俗に反するもの。
  • 第三者に迷惑、不利益、損害または不快感を与えるもの。
  • 第三者の著作権、商標権、肖像権、プライバシーなどを侵害するもの。
  • 営利を目的とした情報提供、広告宣伝もしくは勧誘行為となるもの。
  • 国連WFPが本企画の趣旨に沿わないと判断するもの。
  • 国連WFPが悪質または不適切であると判断するもの。
  • その他、前各号に類するもの。
  • 応募者と一緒に投稿データの写真に写っている方がいらっしゃる場合は、必ず投稿前にその方から投稿データの使用につき使用許諾を得てください。
  • 上記の場合の他、投稿データに応募者以外の第三者の知的財産権が含まれる場合、必ず投稿前に権利者から投稿データの使用につき使用許諾を得てください。
  • 投稿写真の被写体の著作権その他の権利について、第三者との間に紛争等が生じた場合、国連WFPはその一切の責任を負わないものとし、投稿者自身がその責任と一切の費用負担により当該紛争等を処理・解決していただくものとします。
  • 投稿データは、国連WFPのウェブサイトや国連WFPが発行する広報誌やSNS、国連WFPが許可する媒体に使用させていただく可能性がございます。

その他注意事項

  • Instagram、Twitter、Facebookアカウントを非公開にしている場合、投稿を確認することができないため、集計対象外となります。
  • 本企画の応募にかかるインターネット接続料および通信費は応募者のご負担となります。
  • Instagram、Twitter、Facebookが提供するサービスのメンテナンスやシステム上の不具合などにより、各SNSのAPIより一部または全部のデータが取得できないなどの状況が発生し、本企画へのご参加および正常な運用に支障が出た場合は中止とさせていただく場合があります。
  • 個人情報の取扱いについては、以下のページをご覧ください。
    プライバシーポリシー https://www.jawfp.org/privacy

キャンペーンに関するお問い合わせ

お電話またはEメールでお問い合わせください。

電話:0120-496-819 9:00〜18:00(通話料無料・年始を除く年中無休)

Eメール:pr@jawfp.org

FAQ

ウェブサイトの表示

Q. ウェブサイトが上手く表示されないのですが、どうすれば見れますか?
A. 表示が崩れる場合はブラウザのキャッシュをクリアしてください。

アクションの仕組み

Q. 投稿した時に寄付金を払うのでしょうか?
A. 本キャンペーンは、主旨に賛同してくださった企業が120円を寄付してくださる仕組みです。投稿する方にはお金はかかりません。

投稿の内容

Q. SNS投稿する場合はどうすればいいですか?
A. 食品ロス削減に関する取り組みを対象のSNS(Instagram, Twitter, Facebook)へ投稿して下さい。投稿内には必ず、ハッシュタグ「#食品ロスWFP2021」を入れてください。
ハッシュ記号(#)と文字の間にスペースをいれたり、文字の間にスペースをいれたりすると、ハッシュタグ投稿として認識されません。
また、投稿の際に必ず公開可能の設定にしてください。特定のユーザー以外非公開の設定にされている場合の投稿はカウントされませんのでご注意ください。
Q. 「#食品ロスWFP2021」の文字は大文字でなければならないですか?
A. いいえ。特に文字の大小に関しての決まりはございません。
大文字だけ、大文字と小文字の組み合わせなどでもかまいません。
例)#食品ロスWFP2021, #食品ロスwfp2021
Q. 投稿するにあたってSNSへの登録が必要ですか?
A. 投稿するにはSNSのアカウント登録が必要です。
Q. 投稿する内容の基準はありますか?
A. 食品ロス削減に繋がると思う内容であれば何でもOKです。投稿はすべて無料です。
Q. 投稿は1回しかできないのでしょうか?
A. いいえ。何回でも投稿いただけます。1回の投稿につき、120円が協賛企業から寄付されます。
Q. 顔を出したくないんですが、それで投稿しても大丈夫ですか?
A. もちろんお顔を写さなくなくても構いません。
Q. 投稿する人が寄付をする必要があるのでしょうか?
A. 本企画の協賛企業からのご寄付となりますので、投稿する方が寄付をする必要はありません。
なお国連WFP協会では、別途、皆様からのご寄付も募っています。ご寄付を検討くださっている方はこちらをご覧ください。
Q. 日本だけの企画ですか?海外からは参加できませんか?
A. SNSを通じて、海外からでもご参加いただけます。
Q. 投稿した写真はどうなりますか?
A. 国連WFPの、キャンペーンウェブサイトやホームページ、公式SNS、広報物等、また国連WFPが許可する媒体に、広報目的で使用させていただくことがあります。予めご了承ください。

国連WFPについて

国連WFPは飢餓をゼロにすることを使命に活動する国連唯一の食料支援機関です。2020年は、世界84ヵ国、約1億1,550万人に対して食料支援を実施し、1,500万人の子どもに給食を届けました。また同年、飢餓との闘いに尽力してきたこと、紛争地域で平和に向けた状況改善に貢献したこと、飢餓が紛争の武器として利用されることを阻止する原動力となったことに対して、ノーベル平和賞を受賞しました。国連WFP協会は日本における国連WFPの公式民間支援窓口として、募金活動や企業・団体との連携、広報活動を行っています。

国連WFPについて
もっと知りたい方はこちら
寄付はこちら